ヴィラ決定

バリヴィラズ・コムは、どうやら香港の人がバリで立ち上げた会社。英語サイトでも値段は基本同じなので、日本人相手のぼったくり会社ではない様です。

国や時期にこだわりもなかったので、早速問い合わせて担当の方と話をつめていき、ヴィラデワタIIを予約しました。日本語サイトの担当者の方はメールのレスも早く、質問にも丁寧に答えてくださり、好感がもてます。
画像

ヴィラのサービスとしては

* 滞在中の専用車&ドライバーサービス(毎日10時間まで無料)
* 無料アフタヌーンティーサービス(午後3時~5時限定)
* 無料お洗濯サービス(ドライクリーニングは実費)
* ヴィラ内での無料調理サービス(パーティ時はのぞく)
* ヴィラ内での飲食費用は食材購入費のみ(パーティ時はのぞく)
* 格安出張スパマッサージ
* 無料インターネットアクセス(ノートPCご持参のお客様限定)
* 無料ウエルカムパッケージ(ワイン、ビール、ソフトドリンク、到着翌日の朝食など)

などがあります同等のサービスをハワイやグアムで受けようと思ったら、だいぶ費用もかさみそうです。これぞ人件費の安いバリならでは。

式自体のパッケージも色々あるのですが、私達はもう必要最低限のものだけあれば良かったので、日本語サイトにはないGrand Commitmentというシンプル極まりないパッケージにしました。このパックには、

* 事前打ち合わせ
* 事前打ち合わせの送迎
* ウエディングプランナーの介添え
* 花嫁メイク&ヘアセット
* 花嫁用ブーケ&花婿用ブートニア
* 人前式進行役
* 立会人x2
* リングクッション(バリ風)
* バージンロード用フランジパーニ花びら1000枚(現在はスパークリングワインに変更)
* フラワーシャワー用花びら(フランジパーニ&薔薇)
* 式での写真撮影(20枚)
* ハンドメイド写真集(バリ風)
* 結婚証明書

が含まれます。これで800ドル(今は値上がりして900ドル)はなかなかお得なのではないでしょうか。バリのスタンダードからしたらだいぶ高いのでしょうがこちらのパッケージは日本語サイトの担当者も詳しくはないようだったので、直接英語サイトの担当者とやりとりをしています。

しかも、式後のレセプション(といっても単なる家族のお食事会ですが)も、ヴィラの宿泊人数分であれば、何十ドルとするコースメニューを頼まずとも、ヴィラのコックさんと相談すれば、現地の食材購入費のみでできるとのことです。これはお得

私たちの結婚式の予定参加者は全部で12人だったのですが、こちらのヴィラはエクストラベッドを入れれば、ちょうど12人まで宿泊可能だというので、全てがうまく収まりました。皆で一つ屋根の下に泊まれば、普段なかなか会うことのできない双方の家族も仲良くなれるかも♪

結婚式というよりは、むしろ家族旅行ですね。彼と2人で残り10人の通訳をするのかと思うだけでちょっと疲れてしまいますが、皆で楽しく旅行できるよう頑張ります



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック